施術内容と個人差

私達の体毛は一定のサイクルで新たに生み出されて成長を見せる、あるいは生え換わるメカニズムを有しており、これを「毛周期」と称しています。そしてこの毛周期は全身の各部位によって各々異なるサイクルを有しており、レーザー脱毛施術に際しても、このもう周期にマッチした複数回の施術を必要とします。

加えて私達の皮膚の強度には個人差が見られると同時に、顔面など繊細な部位もあれば、腕や脚など比較的屈強な部位もあり、安全性を保つ上で照射可能なレーザーのレベルも当然異なります。「この部分は直ぐに効果が出たのに、こっちは複数階施術を受けてもダメ」といったコメントを発せられる方々の多くは、この部分を見落としておられる可能性大だと推察されます。疑問や不安が生じた場合は、口コミなどにそれらを書き込んで零すのではなく、速やかに担当者に確認してください。

また皮膚そのものの強度以外に、乾燥肌をお持ちの方々に対しては、1度の施術に際しての照射面積や光のレベルを抑える判断がなされます。またニキビなど皮膚にトラブルが確認される場合、その周辺を避けての照射となり、いずれも安全面最優先故の判断です。こうした結果脱毛効果の実感が遅れる、あるいは狭い部位内で効果の違いが現れる場合も見られます。レーザー照射はムダ毛そのものを根絶する処置法であり、身体に与える影響は小さくありません。